Story メルタサリとは

Story

メルタサリとは

 

バリ島のサヌールというところにメルタサリという静かな浜があります

ある朝、早起きをしてその浜へと出かけていきました

 

まだ闇からとけたばかりの波間には

早起きの地元の人がぷかぷかとあたたかな海を楽しんでいました

にぎやかな鳥たちがまちどおしそうに朝を呼んでいます

 

やがてあたりが紫色に染まってゆき

東の水平線から金色の光がさしこみはじめると

鳥たちの声はいっそう勢いよくこだまします

 

その光景があまりに美しくて

全身が喜びに満ちて、胸があたたかく満たされました

 

それからは夜明け前に起きだしてワクワクと朝を待つ

これがわたしの一番好きな時間になりました

 

.

 

夜が明けて、日が昇ること

季節がめぐってゆくこと

体が動いて考えや心をあらわせること

家族や周りの人へ心を伝えられること

それは当たり前のようでいて、実はとても愛おしいこと

 

出逢えた奇跡を大切に

自分を慈しむ心地よい時間を分かち合い

天から授かったような、中から溢れる美しさ・心地よさが

湖面に広がる波紋のように広がってゆく

 

 

Merta Sariとは

美しさを授かるという意味のバリ語ですが

 

いのちへの愛おしさや歓喜

それをご縁のある方とシェアしたい

これがこのスパ、メルタサリに込めた想いです

 

 

〜解説〜

Merta Sari(メルタ サリ)とは、インドネシアはバリ島にあるビーチの名前です。

はじめてバリでマッサージを学んだとき

毎朝、まだ暗いうちに起きだして

自転車をワクワクとこいで砂浜まで急ぎ

鳥たちのにぎやかな声の響く

静かに波打つ透きとおった海に入って

ゆっくりと海が金色に染まっていくのを見ていました。

 

あまりに美しくて

まいあさクラスの前に心を震わせていた

わたしを支えてくれた大切な場所です。

 

Merta Sari=Bless+Beauty その人の本来の状態へかえる。本来の美しさに。という想いが込められています。