大切な人のために自然療法を学ぶ 〜アヌパマ医師のアーユルヴェーダセラピー中級コース・秋冬〜 受講のご案内

Dhanwantari Ayurveda School

アーユルヴェーダ医師アヌパマ先生による、体を癒し、心を滋養し、活力をチャージするアーユルヴェーダセラピー中級コース[全4日間]

20世紀に世界の主流として広まった近代医学。そのルーツは古代ギリシャ・ローマの薬物療法まで遡り、インドでも、古来の伝統医学アーユルヴェーダの書物にはオイルやハーブなどが記されています。

このような伝統的な療法を代替療法といいますが、その多くは人の体にもともと備わっているチカラを利用します。これを自然療法(ナチュロパシー)と呼び、精神面までも含めて全体的に人の体をとらえ、その全体的なバランスを見ながら健康管理や病気の予防と治療を行います。

そして今、世界的にその近代医学と代替療法の長所を生かそうという「統合医療」が始まり、日本でも厚生労働省がQOL(Quality of life: 生活の質)を高めると位置付けています。

インドでは医療として活用されているアーユルヴェーダですが、医療だけでなく、病気になる前に自然療法のケアや生活法などで体質の調和を図り、未病を防ぐという考え方があります。

命が宿る妊娠中から、子ども、ご老人まで、すべての人の健康で幸せな生活を手助けするアーユルヴェーダのユニークなナチュラルケアと、アーユルヴェーダの人を地球や自然の一部と考えるホリスティックな知識を学ぶことで、自分や家族など大切な人のために、日常生活で活用していただくことができます。

また、サロンや介護などでお仕事としてクライアントへの心身の深いケア、また施術後に日常に戻られた際の生活法やケアのアドバイスを、今お持ちの技術と合わせて役立てていただくこともできます。

体、感情、精神のバランスや、バイタリティや心の穏やかさを感じることができる、インド古来からの知恵と自然療法を、日本で唯一のインド人アーユルヴェーダ女性医師のアヌパマ先生と、アーユルヴェーダセラピストの池田早紀がわかりやすくお伝えします。

〜講座概要〜

日程 date: ①10/3, ②10/17, ③10/31, ④11/14(木)

時間 time: 10:30〜16:00(アーユルヴェーダランチタイムが1h含まれます)
[タイムスケジュール time schedule]

-10:00 開場 open

-10:30〜12:30 講義 Lecture

-12:30〜13:30 レカさんのアーユルヴェーダランチ Reka’s Ayurvedic lunch

-13:30〜16:00 実習 Hands on

※30分から1時間ほどお時間が延びる可能性があります。お時間に余裕をもってお越しください。The class might extend about 30min to 1hour.

場所 place:

①〜③メルタサリ(プライベートサロン 江戸川区一之江(都営新宿線一之江駅徒歩10分)
Mertasari private salon.

④西葛西または一之江周辺。the place near Nishikasai or Ichinoe

*お申し込み後詳細をお伝えいたします。We will announce the detail after application.

 

〜講義内容〜

中級 intermediate course

①Day1: セミプライベートクラス (開講決定!定員6名 残席3) 頭のアビヤンガとマルマ/Abhiyanga for head

②Day2: セミプライベートクラス (開講決定!定員6名 残席3) 腹部・胸のアビヤンガとマルマ/Abhiyanga for abdomen chest + marma

③Day3: グループクラス(定員10名 催行人数5名 残席6) 秋のルトゥチャリア(季節の過ごし方)/Autumn rutucharya 、カティバスティ/Kati basti basti(腰のバスティ=小麦で作った土手にオイルを注ぎ膝を温める療法)

④Day4: グループクラス(定員10名 催行人数5名 残席6) シロピチュ/shiro pichu(頭のピチュ=オイル湿布)+ カンシャボウル/kansya bowl(ボールを使ったフットマッサージ)
・アーユルヴェーダとは
・ドーシャとは
・病理学
・解剖学(施術部位)
・大切な人のケアに活用するアーユルヴェーダハンドトリートメント
・アーユルヴェーダにおける「ケア」の基礎
・アーユルヴェーダハンドトリートメントによって期待できる心身の変化
・アーユルヴェーダハンドトリートメントの注意点
・秋〜冬の季節の生活法・食事法(Day3)
・秋〜冬に気をつけるべきドーシャの変化(Day3)
・スパイスハーバルティタイム
・アーユルヴェーダランチ
・チャイタイム
などを含みます。
*内容が予告なく若干変更になることがあります。
【アーユルヴェーダハンドトリートメント説明】

[DAY1+2 アビヤンガ]

毎日のケアに良い。疲労感を和らげ、アンチエイジング、ヴァータを減らす効果が期待できる。オイルを用い全身のトリートメントをする。精神的な疲れなどの不安を減らす助けになる。肌をきれいにし、肌の自然な免疫を回復させ、身体の組織を若返らせて、エイジングを予防する。睡眠時の呼吸を穏やかなものに導く。

[腹部のトリートメント]

腹部の蠕動運動を整え、消化力を上げる。

今回の講座では、理解がしやすいよう、[DAY1: ヘッド][DAY2:腹部・胸のアビヤンガ]と部分に分けてお届けします。

[Day3 カティバスティ]

ヴァータを下げるトリートメント。温かな薬用オイルを腰に用意した土手の中に注いでいく。クライアントの調子に合わせたオイルを用いる。背中の痛み、腰の痛み、特に腰椎脊椎症や脊柱管狭窄、腰椎や仙骨の狭窄に行われる。

[Day4 シロピチュ]

ガーゼに含ませたオイルを頭頂部に塗布する。抜け毛や記憶、不眠症などの睡眠の問題の改善の助けをする。

[Day4 カンシャボウル]

金属のボウルを用いて、ギーを塗布しながら行うマッサージ。ボウルで足裏を数分こする。体内のピッタを下げ、目の灼熱感を減らし、目の健康を促進する。

講師 Doctor :アヌパマ・ダラシべ・アワケ
通訳 Interpreter:池田早紀
事務局 Organizer:小原恵美(メルタサリ)

受講料 Fee: ①② ¥35,000 、③④ ¥18,000 (tax 込)
全日または、単発でもお申し込みいただけます。
ダンワンタリアーユルヴェーダスクールのサーティフィケイト(認定証)を発行いたします。
*受講料の一部をインドの学校に寄付します。
※受講費のお振込みをもって、申込完了となります。定員に達し次第申し込みを締め切り致します。


〜参加対象者〜

大切な人のケアにアーユルヴェーダを取り入れたい方、サロンや介護などお仕事の現場で自然療法を活用したい方、アーユルヴェーダのハンドトリートメントを学びたい方、おうちセラピストを目指す方、さらに施術の幅やカウンセリングの幅を広げたい方、自然な方法で病気になる前に不調をケアしたい方。どなたでもご参加可能です。

*アーユルヴェーダを学ぶのがはじめての方は事前にアーユルヴェーダの基礎を予習しておくと理解しやすいかと思います。


《ご注意》

□インド人アーユルヴェーダ医師アヌパマ先生の講座です。アヌパマ先生の判断により、また参加者の方の状態により、講義内容が若干変更になることがあります。

□参加者の方々や場を調和させるため、またリラックスした状態での集中力を持った良いコンディションで講座に入っていただくために、お祈りやマントラ(お経)などがあります。

□参加者の方の状態によっては、開始、終了時間が時間が若干変更になることがあります。また終了時間が伸びる可能性があります。お時間に余裕を持ってお越しください。ご理解ご了承の程、お願い申し上げます。

□どなたでもご参加いただけますが、アーユルヴェーダを学ぶのがはじめての方は事前にアーユルヴェーダの基礎を予習しておくと理解しやすいかと思います。

[おすすめ書籍]

新版 インドの生命科学 アーユルヴェーダ

https://www.amazon.co.jp/dp/4540121545/ref=cm_sw_r_cp_api_i_zcUtDbJR99NP8

 

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です