[wellness] 2月。寒さ極まる冬にはプラスのケアを。

今週は2/4立春ですね。

新たな季節「春」を迎える、また旧暦では新年のはじまりとも言われます。
その大晦日のようなものが2/3節分。
古来、季節の変わり目には邪気が生じる、体調の変化が出やすいと言われていたため、それを祓う行事が残っていますね。
ここからは冷え、水の滞りを腎臓、膀胱そして大腸などの内臓ケアで労り、筋肉を動かして、全身の隅々まで巡りをよくしていきたい季節です。

今週のオンラインクラス(アーゆるヨガ・Instagtam/セミプライベートヨガzoom)では「腎臓」のケアをします。
冷えに弱い腎臓。寒さ極まるこの時期は、腎臓も疲れ気味です。

以下が体からのサイン。
・寝ることが好きになり起きたがらない
・空腹感があるのに食欲が無い
・口腔内が乾いて、呼吸が咳き込む
・心配症、ビクビクする
・白髪が増えた

[起こり得る体調] 冷え、むくみ、関節のこわばり、筋肉のつり(太もも、背中、肩)、肌の乾燥の増し、ソワソワ感や不安、頭痛、腰痛、自律神経のアンバランス、それに伴う生理不順、老化

[wellness対策] 足湯、足を動かす、深い呼吸、ねじりのヨガポーズ、リフレクソロジー(足ツボ)、温かな水分を適度にとる、ウォーキング(手を大きく振って!)、ランニングなどなど

今月はオンラインヨガクラスにて、内臓を呼吸やヨガで活性させたり、足腰を鍛えこつばん周りや肋骨をしっかり捻るもの。また、足や体の腎臓の反射区へのセルフマッサージなどをしますよ〜
芽吹きの春に備えて軽やかにしていきたいですね。

ボディセラピーも体が固まって、手足が冷えて、という方がとても多くなってきました。
ホットストーンをサービスしていますので、事前に【温活ボディセラピー】とお知らせくださいね。

おすすめの記事