[ゆるケア365] キレイをつくる、おなかとおはだの関係
ゆるケア365日とは・・・
ちょっとものぐささんのための、《体と心を整え、健やか、キレイを育てる》読むリラックスタイム。

「最近疲れやすい」
「食欲がイマイチ」
「しばらく便秘が続いている」
「肌もくすみがちで、キモチも上がらない」
そんなときありませんか。
今日は肌にも、体にも、キモチにも影響の【腸内細菌】についてお話しします。

腸にお花畑?!

腸内細菌や腸内フローラという言葉を聞いたことがありますか?
腸には3種類の菌が住んでおり、私たちの健康に影響を与えることが近年注目されてきています。
腸内細菌を整えることを「腸活」と読んだりもするそうです。
この菌は腸だけでなく、内臓や、肌、口の中にも暮らしています。

腸にはどんな菌が住んでいるのか?

腸内細菌叢の菌には3種類あります。
[善玉菌] 10%
[悪玉菌] 20%
[日和見菌] 70%
この善玉菌は私たちの体の中で健康に良い影響を与えます。悪玉菌は名前の通り、増えすぎると不調や病気につながっていきやすいもの。日和見菌は善玉菌か悪玉菌か優勢な方についていきます。
この割合が日々変化していきます。
腸内細菌バランスが悪く、悪玉菌が増えている場合、長期的に放置していまい、さらにバランスが悪化していくと、腐敗物質が出たり、大腸癌などのリスクにもつながっていくため、早めに対策したいところです。また、肌の常在菌にも影響する可能性がり、今その関係の研究や、ヨーグルトなどで改善できるか試みているメーカーなども多いようです。
他に、腸内細菌の対策としては、
○腹八部。食べ過ぎない
○発酵食品、乳製品、キノコ類、麹みそ、などを定期的にとる
また、適度に控えると良い、と言われているのが、
肉、アルコール、砂糖
食事を抜くこと、などと言われます。
.
腸内細菌を検査する民間のキットもありますので、お腹の調子が悪い、ガス腹、敏感・乾燥肌という方は一度検査してみても良いかもしれません。おなかの中をいたわって、日々おいしく食事が食べられるといいですよね!

セラピスト Emiの体験

 

個人的な経験ですが、私自身こどものころからの敏感肌で、常に手が荒れていました。

ヨガをはじめてから、ほとんど良くなったものの、この仕事をはじめてから手を洗ったりすることも多く、手荒れに悩まされており、KINSという肌の常在菌を検査する化粧品メーカーで検査をしました。

肌荒れにはいくつか原因がありますが、私の肌荒れの原因は腸内細菌の問題でした。多くの人に比べて腸内細菌が異常に少なく、それが肌荒れの原因となっていました。

肌が荒れてはこの素手でお客様のお肌に触れることはできませんので、1年ほどかけて、腸内細菌をキットで検査しながら、食事、サプリメント、運動や生活リズムなどを改善し、今は人生で一番手もお顔も肌が強く荒れにくくなりました。

詳しくはまたご紹介していきますね。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事