投稿日:

【Today’s Colulmn 暑い日の食事 アーユルヴェーダ編】

こんばんは!Emiです。今日は暑かったですね〜^^

こんな暑い日は、ビールかアイスが食べたい!なんて方も多いかもしれませんが、アーユルヴェーダ的暑い時の食事をご紹介します。

本場インドからアーユルヴェーダをわかりやすく丁寧に 2018/5/2の投稿をご紹介させていただきます。

 

 

【アユ子のGWの過ごし方(食事編)】

ども、井浦です。

GWの連休に突入している方も多いと思いますが、
こういう時期は食が乱れがちです。

なので、今日は「食事」について、
簡単にお話します。

少しでも意識を向けるだけで、
食べ過ぎを防げたり、
GW後の仕事に支障が出ないようになりますからね。

食事において意識を向けてほしいことは以下の2点。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・食べ物の、質
・食べ物を消化する、消化力
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このうち、どちらが大切ですか?
と聞かれたら、消化力と僕は答えます。
もちろんどちらも大切ですが、

「まず優先すべきは自分の消化力」

なのです。

GWは外食が増える。それはある程度仕方がない。
だからこそ、気をつけるべきは消化力なのですね。

食べ物は消化力によって、
オージャスにもアーマにも変わります。

どれだけ質の高い食べ物を食べたとしても
消化力が正常ではないと、
それは毒素(アーマ)となってしまいます。

だから、今日の外食について、
「CoCo壱にする?自然食にする?」
と迷う前にやるべきことがある。

と言えます。

まあ、でも

「その2つを天秤にかけるのは、井浦さんくらいです」

と思うかもしれませんが、、、それでも大事なことですよ。

|
|
|

さて。

消化力に関する記述として、アーユルヴェーダの古典書(チャラカサンヒター)には以下があります。

-ー----<古典書抜粋>----ーーー
・アーマ・ドーシャ(過度の消化不良)の原因で、もっとも避けるべきは、食べ過ぎ。

・アグニ(消化の火)を刺激するもので、もっとも大切なのは、消化力に応じた食事。
ー---------ーーーーーーーーーー

食い過ぎるなっ!てことです。

気をつけるべきは

・自分の消化力を超えた量を食べない

ということなのです。

自分の消化力に見合った食事。
これは非常に大切ですよ。

過去数年間アーユルヴェーダを実践してきた
自分の実感を持って、そう言いますが、
これはもちろん僕の先生である
アーユルヴェーダ医師も同様のことをおしゃっています。

|
|
|

「食い過ぎるな!」

季節的に、夏に向けて、
これから徐々に消化力も下がってきます。

このGW、あまり食べ過ぎない。
これを意識するだけで、あなたの立派なアユ子です。

そして、
アユ子はアグニを気にかけるアグニ子です。

GW期間、アグニを労ってあげてくださいね。

|
|
|

「かき氷?」

ダメです!

GW期間は心を鬼にして、アグニを労って参りましょう。

PS.
写真は友人からもらったものですが、アグニに対する核爆弾以外の何者でもありません。
でも、美味しそうですね。

 

本場インドからアーユルヴェーダをわかりやすく丁寧に

Facebookページはこちら