投稿日:

【Today’s Column】本場インドからアーユルヴェーダを丁寧に トリグナさんについて

【ヨーガ哲学の教室② 闇から光へ 3つのグナ 〜トリグナさんについて〜】

アーユルヴェーダでもヨーガでもお馴染みの

・サットヴァ
・ラジャス
・タマス

これらをグナといい、3つのグナということで、
「トリグナさん」
と呼びます。 ※トリ=3

一旦は心の性質として
覚えてしまうと良いでしょう。

「サットヴァな食べ物」(例えばアスパラガス)
とか言ったりもしますが、人においては「心の状態」として覚えてOKです。

心の状態が

サットヴァか?
ラジャスか?
タマスか?

グナによって
その人の印象は大きく異なってきます。

どこかのヨーガ教室では

「あの人はサットヴァだなぁ」
「あの人最近ちょっとタマス。心配だわ」

という会話がなされているかもしれません。
(私のこと?という人がいたらコメントください)

|
|
|

さて。

トリグナさんとは心の性質。

どのような性質かというと、

ーーーーーーーーーーーーーーー
サットヴァ:
迷いがない、ブレない状態。知識を持ち、光に照らされている状態。

ラジャス:
行動する、変化しようとする状態。

タマス:
知識がなく暗闇にのまれ、進むべき道がわからない、外部からの影響を受けやすい状態。
ーーーーーーーーーーーーーーー

タマス=ネガティヴな心だとすると
ラジャス=ポジティブな心(そういう側面もあると言うこと。方便として捉えてみてください)

そして

サットヴァ=ポジティブもネガティヴも超越した心

です。

同じ経験をしても、
タマスの人はネガティヴに捉えて
ラジャスの人は無理やりポジティブに考えたり、もしかすると怒りだすかもしれません。

しかし、サットヴァの人は物事を中立的に見れるので、良い悪いの判断をしないのです。

|
|
|

例えば、
先日、ヨガ友達と一緒にスタバで話をしていたのですが、とあるお客さんが僕たちの後ろでラテをブチまけて、その友達のカバンとジャケットがラテまみれになりました。

ここで、タマスの人は
「なんてことだ・・・お気に入りのジャケットとカバンが・・なんて最悪の日なんだ。許せない」

ラジャスの人は
「お前何してくれてるんだ!気をつけろ!クリーニング代出せ」

となるかもしれません。

でも、
その友達の反応は

「ああぁ。・・・(ふう。)カバンとジャケットがラテまみれだ。拭き取ろう。」

といった感じでした。

ぶちまけた人は慌ててましたが、友達は淡々とラテを拭き拭き。

ぶちまけた人はキョトン。

その数日後、友達に話を聞くと

「ラテのおかげで“リナビス”っていうクリーニング屋知ることができたよ。HP見るとすごく面白くて、今度冬物のコート類をまとめてクリーニングに出す予定。世の中には面白いクリーニング屋があるんだなぁ」

って。

ポジでもネガでもなく
ただ状況を受け止め、そこから進捗していってるようでした。

おそらく、その友達は物事をポジにもネガにも捉えず、真ん中を見る訓練をしてるんだと思います。

経験、体験を通して、
「如何に進捗するか?」
を考えている。

そういう心がサットヴァな心と言えます。
その友達はサットヴァを目指しているのでしょう。

|
|
|

さて。

ヨーガの教えは
暗闇から如何に光に到達するのか?
それを説いています。

つまり、
タマスからサットヴァへの道です。

暗闇とはタマスです。
そして変化の象徴であるラジャスを取り込み、光であるサットヴァへと向かいます。

サットヴァは「知識」の象徴でもあるので、経験から「気づき」をえていく行為はサットヴァへの道。

気づきを得ると、
「わかったー」と目の前がパーっと明るくなる感じがすると思いますが、そういう感覚。

アルキメデスさんが風呂に入った時、

「風呂の水が上昇した分の体積は、
自分の体の水中に入った部分の体積に等しい」

ということがわかって

“Eureka! Eureka!”

と2回叫んだと言われてますが、
これは完全にサットヴァな瞬間です。

|
|
|

ヨーガとは気づきの道です。

気づきを深め、サットヴァの光に照らされた時、自分自身が本当に進むべき道が見えてきます。

まずは何でも構いません。
普段意識を向けていないところに意識を向けてみる。

そういう些細なことへの意識が

光(サットヴァ)への道なのです。

井浦

投稿日:

【Today’s Colulmn 暑い日の食事 アーユルヴェーダ編】

こんばんは!Emiです。今日は暑かったですね〜^^

こんな暑い日は、ビールかアイスが食べたい!なんて方も多いかもしれませんが、アーユルヴェーダ的暑い時の食事をご紹介します。

本場インドからアーユルヴェーダをわかりやすく丁寧に 2018/5/2の投稿をご紹介させていただきます。

 

 

【アユ子のGWの過ごし方(食事編)】

ども、井浦です。

GWの連休に突入している方も多いと思いますが、
こういう時期は食が乱れがちです。

なので、今日は「食事」について、
簡単にお話します。

少しでも意識を向けるだけで、
食べ過ぎを防げたり、
GW後の仕事に支障が出ないようになりますからね。

食事において意識を向けてほしいことは以下の2点。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・食べ物の、質
・食べ物を消化する、消化力
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このうち、どちらが大切ですか?
と聞かれたら、消化力と僕は答えます。
もちろんどちらも大切ですが、

「まず優先すべきは自分の消化力」

なのです。

GWは外食が増える。それはある程度仕方がない。
だからこそ、気をつけるべきは消化力なのですね。

食べ物は消化力によって、
オージャスにもアーマにも変わります。

どれだけ質の高い食べ物を食べたとしても
消化力が正常ではないと、
それは毒素(アーマ)となってしまいます。

だから、今日の外食について、
「CoCo壱にする?自然食にする?」
と迷う前にやるべきことがある。

と言えます。

まあ、でも

「その2つを天秤にかけるのは、井浦さんくらいです」

と思うかもしれませんが、、、それでも大事なことですよ。

|
|
|

さて。

消化力に関する記述として、アーユルヴェーダの古典書(チャラカサンヒター)には以下があります。

-ー----<古典書抜粋>----ーーー
・アーマ・ドーシャ(過度の消化不良)の原因で、もっとも避けるべきは、食べ過ぎ。

・アグニ(消化の火)を刺激するもので、もっとも大切なのは、消化力に応じた食事。
ー---------ーーーーーーーーーー

食い過ぎるなっ!てことです。

気をつけるべきは

・自分の消化力を超えた量を食べない

ということなのです。

自分の消化力に見合った食事。
これは非常に大切ですよ。

過去数年間アーユルヴェーダを実践してきた
自分の実感を持って、そう言いますが、
これはもちろん僕の先生である
アーユルヴェーダ医師も同様のことをおしゃっています。

|
|
|

「食い過ぎるな!」

季節的に、夏に向けて、
これから徐々に消化力も下がってきます。

このGW、あまり食べ過ぎない。
これを意識するだけで、あなたの立派なアユ子です。

そして、
アユ子はアグニを気にかけるアグニ子です。

GW期間、アグニを労ってあげてくださいね。

|
|
|

「かき氷?」

ダメです!

GW期間は心を鬼にして、アグニを労って参りましょう。

PS.
写真は友人からもらったものですが、アグニに対する核爆弾以外の何者でもありません。
でも、美味しそうですね。

 

本場インドからアーユルヴェーダをわかりやすく丁寧に

Facebookページはこちら

投稿日:

【Today’s Column 《Blissie(ブリシエ)》さんのキレイになるレシピ】

暖かくなってきた今日この頃、

スムージーやスープでの簡単な朝食がとりたくなります。

本日は、代々木上原から兵庫に移転されたボタニカルスパ《Blissie(ブリシエ)》さんの

キレイになるレシピをご紹介します

 

若々しく、可愛らしいブリシエのまいさん。ホテルスパの経験を持つまいさんの施術は、キレイな女性にたくさんのファンをもちます。私も大好きなスパです。

バリ島のように、食べ物、ハーブ、スパイスを使ったフェイシャルはのせていくと不思議ととろける気持ちよさ。

フレッシュな食材は、食べるのはもちろん、塗るのもキレイになる!そんな新しい楽しさを体験できるスパです。

 

《Blissie(ブリシエ)》さんのキレイになるレシピ

・バナナとバジルのスムージー

・バナナとバジルのスープ

こちらから

 

投稿日:

【Today’s Column マーヴォ・コー アロマセラピーマッサージのたくさんのいいこと】

本日はオーストラリアのマーヴォ・コーさんのHPより、コラムをご紹介いたします。

 

アロマセラピーマッサージのたくさんのいいこと

〜マーヴォ・コーさんHPより 引用〜

アロマセラピーでは、通常エッセンシャルオイル(アロマオイル、精油)をブレンドし、体の部分や広い範囲に塗り、深く皮膚へマッサージしていきます。アロマセラピーマッサージは肉体面、精神面の両方に効果があります。医学的、治療的なマッサージとエッセンシャルオイルのコンビネーションはたくさんの良い効果をもたらすことができます。

・心をリラックスさせ、穏やかにする

・心配や落ち込みを楽にする

・睡眠の質を上げる

・頭痛と筋肉の痛みを和らげる

・エネルギーレベルを上げるのを助ける

・免疫システムを上げる

・リンパの流れを良くする

・身体のバランスを取り戻すのを助ける

・血流を良くすることにより、酸素と栄養の供給を増やす

マーヴォ・コーでは、それぞれの嬉しい効果に特化した、3種類のマッサージオイルを作りました。

Woman Balance (ウーマンバランス)–女性の健康の問題(PMS、月経、月経時の不調)に効果的なエッセンシャルオイルのブレンド

Remove Cell (リムーブセル)– ヒップから太もものセルライトを取り除き、お肌のハリを助けるのに効果的なエッセンシャルオイルのブレンド。エクササイズの前に使うと脂肪燃焼に効果的です。

Muscle Relax(マッスルリラックス)–筋肉、関節の痛みと炎症に効果的な効果的なエッセンシャルオイルのブレンド

全てのオイルはスイートアーモンドとホホバオイルがベースに使われています。お肌を保湿し輝かせ、ハリとつやを取り戻してくれます。

メルタサリでは、アロマバリニーズマッサージにこちらのオイルを使用しています。(リラックスとしてのご提供で医療行為ではありません。)

メニューはこちら

 

 

 

マーヴォコさんサイトはこちら

Many benefits of Aromatherapy Massage

投稿日:

【Today’s Column Dr.アヌパマのゴールデンミルクのはなし】

【Today’s Column Dr.アヌパマのゴールデンミルクのはなし】

ゴールデンミルク(ターメリックミルク)ってご存知ですか?

インドではポピュラーな飲み物で、アーユルヴェーダでは小さい子供からお年寄りまで推奨されている、古くから受け継がれてきたおばあさんの知恵のような飲み物です。

風邪やせきにも効果があり、オージャス(免疫)をアップすると言われています。

(中略)

どうぞ、お家でゴールデンミルクを試してみてください。1年中飲んでも効果のある飲み物ですが、今の寒い時期には体がポカポカしてほっとしますよ。

続きを読む 【Today’s Column Dr.アヌパマのゴールデンミルクのはなし】

投稿日:

【Today’s Column セラピスト早紀さんのコラム リトリート】

【Today’s Column セラピスト早紀さんのコラム リトリート

Ayurveda や サロン や あの国を通して近づいていく
私の実現したい誰かをかくまうRetreat。
こんにちは!Emiです。
今月から新しく!私の周りの素敵な方々のコラムをご紹介させていただきます。
Today’s column ゲンキになるコラムと題し、アーユルヴェーダやその他のお仕事で、自然とつながりながら日々を送っていらっしゃる方々のコラムをEmiがセレクトしてご紹介していきます。
アーユルヴェーダの健康情報や、食べ物、スキンケアに関することなどもご紹介していくつもりですので、お楽しみに!
まずは先日ご来店くださったアーユルヴェーダセラピストの池田早紀さんのコラムから。早紀さんの感性に触れると、心の奥の優しさを引き出してもらえるよう。私にとって、感じることの大切さを教えてくれた大切な方です。

続きを読む 【Today’s Column セラピスト早紀さんのコラム リトリート】