[よみもの] New! New moon Cafe Merta Sari 12月の新月 [ものがたり] 第7話 スタート!

あの森の中でのリトリートから2ヶ月。

軽やかになった身体や心でスタートした東京での秋の日々は本当に素晴らしく、いつもの日常も違って見えた。

澄んだ空気の感じや、手を伸ばせばいつも届くところにあった木々の幹。下生えの香りを生活の中で断片的に思い出すことができた日々も、少しずつ東京の慌ただしいサイクルの中に溶け込んで消えていった。

 

ちょうどまた、エミさんに会いたいなあと思った頃にカレンダーを見ると
新月が近づいていて、

 

自然とNew Moon Caféに足が向いた。

毎月違うメニュー。


食べ物から得る未知のエネルギーにワクワクしながら

「いらっしゃいませ」というエミさんの声や

テーブルを拭いていた手を止めて、顔を上げてにっこりと微笑むエミさんの顔とそこにある空気にホッとしたくて

その駅を降りる。

最初は見知らぬ風景だったこの街も、徐々に自分の馴染みの風景になった。

 

 

このNew Moon Caféに行く時だけは、心持ち胸を開き、大きく深呼吸して、そして看板や文字を追うことなく、目を内側に向けて、心の中をゆっくりと確かめるように進む。

 

 

自分の右足のつま先、かかと、左足のつま先、かかと、と

地面と足の裏の接触を、一歩一歩確かめるように歩くと

目的地へ向かうことすらも忘れて、何か歩くことに没頭して

 

気持ちが良くなってくるのだった。

 

***

今年は12月に入っても、まだまだ暖かく、

コートもまだ薄手のものを着ている。

そしてまだ身体も冷え切っていないせいか、気持ちも明るく12月を迎えていた。

 

冬の訪れは年々遅くなるのだろうか。

街路樹のイチョウ並木は今まさに黄金の、最も美しい時を迎えていた。

クリスマスイルミネーションに紅葉なんて、と少し無粋に思いながらも

それはそれで綺麗だなと思えてくるので、慣れとは不思議なものだとつくづく思う。

***


慌ただしい日常ではなかなか作れない時間。

New Moon Café へと繋がる道は、月に一度の神社やお寺や教会に、お参りやお祈りに行くような気持ちになって、参道を歩くように自然とその道すがら日常を振り返り、心を整える時間になった。

空を見上げると、やはりその色は秋の高く澄んでいたそれとは違っており、確実に年の瀬が近づいてきていることを感じることができた。


***

木々の間から

 

New moon café Merta Sari」と書かれた看板が現れた。


ここだ、といつものように心の中で小さく思う。

何回来ても、この看板が見えてくる瞬間は

ふわっと風が吹いてくるように感じる。

 


少しドキドキしながらドアに手をかける。

 

 

 

が、あれ?

何か様子が違う。

そして扉はピクリとも動かない。

よく見るとテラス席の窓の中もまだ明かりがついておらず、中には誰もいない。

今までのふんわりと膨らんだ気持ちが急にこわばる。

どうしたんだろう?

反対手に回ってみても、Caféの中には誰もおらず、静まり返っている。

 

エミさんに何かあったのだろうか?

それとも、12月はお休み、、、?

元々HPも名刺も、連絡先も定休日もないお店だった。

強いて言うと、ただ新月の日にだけOPENするというそんなお店。

 

連絡のしようもないけれど、とりあえず不安になって携帯電話を取り出して見てみる。

 

最近は不安になると、大概反射的に携帯電話を見てしまう。

そして、近年ではスケジュールもメールも連絡先もお買い物も、日常のほとんどを携帯電話を通して行っているので

 

手帳をめくる感覚で、携帯電話のカレンダーを開いてみた時に

 

「あっ!」

と思わず叫んでしまった。

私が新月の日を間違えていたのだった。

新月を意味する黒い●のマークは、今日ではなく12月7日金曜日の箇所にポチッと記されており、

 

そこは昨日、すでに過ぎてしまっていた場所だった。

 

 

Written by Saki Ikeda

その2へ


New moon Cafe Merta Sari もくじ

12月の新月

◯Story-ものがたり

New! 《ものがたり》第7話 11月の新月 その1

New! 《ものがたり》第7話 11月の新月 その2

《ものがたり》第7話 11月の新月 その3

《ものがたり》第7話 11月の新月 その4

《ものがたり》第7話 11月の新月 その5

New moon cafe Merta Sari トップへ

 

◯Recipe-レシピとオススメ

coming soon!

 <12月のnew moon+1デリ>

  • シナモンソルトとうふ
  • キャベツのクミン蒸し炒め
  • 黒豆の和フムス
  • 小松菜と芽ひじきとレンコンのホットビーンズサラダ

 <12月のnew moon+1旬のお魚>  

ブリのスパイシームニエル 

<12月のスープ>

大根ポタージュ

<12月のパン>

 365日のラシドネ

 

Continue Reading

New! 8/11創刊![Column] 心を滋養させるものがたりとレシピ New moon cafe Merta Sari8月の新月

大好評のコラム。第3段!

新月の日だけに開く架空と現実の狭間のカフェ《New moon cafe Merta Sari》8月の新月。

今日からまたはじまります!

**

カフェでのストーリーと、体と心を滋養するカンタン&おいしいアーユルヴェーダレシピをお届けいたします。

 

夏の疲れを助けるレシピと、今の不調がわかる、ホッとする、バランスさせるものがたり。

New! 8月の新月号(8/11)創刊!

Continue Reading

[info] Newページのお知らせ。ものぐささんでも。少しずつ自然にココロとカラダを整える Natural Beauty Care

こんにちは!店主のEmiです^^

オープンからずっと、お客様や友人たちがセルフケアができたら・・と気になっていたのですが
書き終わらず実はたくさんの文章が溜まっています。><

「もったいない!」というお客様の声を受けて、
小出しにしてみよう!と新たなページを作りました。
1分くらいで読めるカンタンなセルフケアや日々をゲンキにする方法をご紹介する新しいページです♪
不定期に、気候の変化で「あ〜これはケアが必要だな!」と思ったときに更新していきます。
よろしくお願いします。

ものぐささんでも。少しずつ自然にココロとカラダを整える Natural Beauty Care

 

いくつになってもキレイにゲンキでいたい。

自分のキモチや機嫌の扱い方が知りたい。

身も心も軽く今を楽しみたい。

 

でも体が思うように動かなくて

イライラ、そわそわ、落ち込んでしまう。

自分のことをする余裕がない。

自分の本当のキモチや、直感はどこへ!

 

多くのオトナの女性が抱えている悩みです。

そして、私も同じです!

 

私ももともと色々試しては3日も続かないタイプでした。

でもアーユルベーダで自分に合った方法を少しずつ知っていけば、意外とカラダは心地よさを求めていきました。

 

そんな私の奮闘!ともいえる小さなことですが、

気ままに毎日でなくても、取り入れていった結果、とてもゲンキになりました。

小さくてかんたんだからこそ、みなさんとシェアできればと思いました。

 

季節や年齢とともに移り変わるカラダですが

日々溜まっていく疲れや心身の毒素をこまめにデトックスすることで

「なんかいいな♪」をつくることができます!

 

これはできるかも、というものが1つでもあればとても嬉しいです。


[2018.7.28] 暑さの緩んだ日に。冷房冷えのケア

 

Continue Reading

[Info] 〜Emi’s Full moon papers〜 2018.7 5周年を迎えるにあたって、思うこと。

〜Emi’s Full moon papers〜 店主Emiの小さな作文

というページをはじめました。

 

ずっと苦手としていた、伝えること。

 

『相手に理解して欲しかったら、

あなたはどのくらい自分を伝えていますか。

言葉は想いの乗り物。

「あなたはどんな想いを言葉に乗せて話していますか?」』

(ほぼ日新聞 大人の小論文教室より)

 

これを読んだ時、ドキッとしました。

私はメルタサリにおとづれる人々にどれだけ自分を伝えているだろうか。

今まで、なかなか勇気が出なかった、表現することですが、

絵心も写真もヘタなので、ヘタだけど一番なんとか心を伝えやすい『文章』で、

少しずつ、でも嘘なく書いた『作文』を発信していきます。

毎月いちど、満月のあたりに、満ちてくる想いを綴ります。

 

◯ [2017.7] 5周年を迎えるにあたって、思うこと

Continue Reading