[Emi’s full moon papers 4月] マッサージと「腐らないお金」

料理人の方でも、家族のためのごはんを作る人と、

ほとんど作らない人がいるという。

.

私はときどき、

家族や友人など大切な人たちにマッサージする時間を

必ず月に何度かはとるようにしている。

 

それは、体が辛そうだな、という単純な思いもあるが、

人の体に触れるというものすごく本能的でシンプルなことを

対価とか、理由とかなしに行わないと

お仕事でのマッサージも何かおかしくなってしまう気がするからだ。

.

もちろん、お金をいただかなければ、続けていかれないし、

さらなる学びのために、お金は必要で、お客様がホッとするためのオイルやタオル、

技術向上のための学費は欲しいと素直に思う。

 

でもマッサージの時間は、数時間その方に全神経を集中し、

お一人のために真心で、最良の時間になるようにしたい。

いうなれば、お金を全く意識しないでいたい。

それば純粋であればあるほど、私も幸せを感じるとてもありがたい時間。

 

逆にいうと、ここからブレて、

技術者から経営者モードになり、焦りから利潤を出そうとしてしまった時期は

マッサージが全く楽しくなくなってしまったのだ。

 

********************

「腐らないお金。」

 

『田舎のパン屋が見つけた腐る経済』という本を書いている渡邉格さんという方が、

本の中で「腐らないお金」という、本『モモ』で有名なミヒァエル・エンデの見方を紹介している。

 

資本主義の中で、コストを抑えたパンや、食材。添加物や農薬などにより腐らないものが、安くできればできるほど、

人の賃金は安くなり、人を安い人件費で働かせることへつながる。経営者はたくさん利益をうむ。

安い方がいいと考える消費者。さらに安く提供しようと価格が下がる。それが巡り巡って、人の首を絞める。

というマルクスの考えが書かれている。

.

そして、自然の中で一番不自然なのは「腐らないお金。」

これをより多く膨らませようとするから、不自然なのだ。

 

「利潤を生まない」ということは、循環させるということ。

丁寧に作られた、日本古来からの技術の材料や、農家のものを使う。

作ったパンには真っ当な価格をつけることが、その生産者の方たちを支えることになり、

自分も良いパンを作り続けることができる。

 

 

.

これはセラピストにも言える。

 

高級ホテルのスパなのに、賃金はコンビニ並み。

セラピストは疲れ、気はスカスカ。

スパセラピストの資質の中には『コスト管理』ということが含まれている。

技術職に似合わない不自然なほどの賃金は、ホテルを大きくすることのため?良いマッサージを提供するため?

 

.

 

触れること、マッサージすることはただのリラックスだけではないと思う。

優しい手に触れたとき、どれだけ人は助けられるか。

子どもの頃を思い出すとたくさんの経験があるだろう。

 

お客様をリラックスさせることに最も大事なのは技術。

そして同時に、セラピストの体が元気で、良い気が流れていること。

真心がそこにあること。

 

商業化されていない、想いを乗せた手があること。

 

未熟者だけれど、私が思う「良いトリートメントで休息の時間を提供」するためのことは、

 

お客様の体にできる限り良い、セラピストも手が荒れない厳選した製品を使うこと。

手間暇かけて、オイルを煮ること。

技術を学び、向上し続けること。

そして、良いマッサージをし続けられるように、

セラピスト自身がしっかり休み、自分のメンテナンスをきちんと毎日すること。

人としても成長していくために、マッサージ以外の世の中の流れや人の様子を見ることや自分を省みる時間も必要だと思う。

お客様方が揉まれているこの東京の事情も肌で感じていなければ、寄り添うことは難しい。

 

そしてその対価として真っ当な価格をつける。

 

そして、でも同時に、

自分に問うため、セラピストとしてのあり方を確認するために、

その対価がなくても同じように真心でマッサージをすること。

 

1円もいただかなくても、

今ここにいるという、ご縁へといのちの喜びをちゃんと感じ取り、

触れることができることに、喜びと感謝を感じられるかどうか。

 

自分に問い続けていきたい。

.

 

最後に渡邉さんの本からの1節を、自分の中で反芻したい。

 

————————————————————————

資本主義の矛盾の連鎖を断ち切ること。商品と労働力の交換価値を高く保つこと。

職人が技術と感性を磨き、職人が作った交換価値の高い原料を使う。

一つ一つの商品を丁寧に作り、商品の交換価値を高く保つことが小商いとしてあり続けるために必要なことなのだ。

「利潤を生まない」ということは、誰からも搾取をしない、誰も傷つけないということ。

生産者からも、自然からも書いてからも搾取をしない。

そのために必要なお金を必要なところに必要なだけ正しく使う。

そして「商品」を高く売る。

この搾取なき経営のかたちこそが、おカネが増殖しない「腐る経済」を作っていくのだ。

(『田舎のパン屋が見つけた腐る経済』渡邉格)

 


 

真心で、あたたかな手で、

良いマッサージができるように

これからもしっかり働き、しっかり休みながら「循環」させていきたい。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

********************************************

以上の理由で、

お代のやりとりのストレスをなくしトリートメントに集中するため、

ご予約はトリートメント代金のお振込をもって完了とさせていただきます。

 

お手数をおかけいたしますがどうぞ宜しくお願い致します。

Mertasari 小原恵美

Continue Reading

[Column]  旅にでる理由と好奇心の保ち方

東京は私にとっては家族のいる故郷です。
 
そんな私の故郷、下町江戸川区で、
ご縁のあった人を大切にする
そんな顔の見えるお仕事がしたくて
自営業をやってます。
 
こののんびりしていた下町も、
子どもの頃から比べると年々人が増えて、
地域で助け合ってる人たちよりもせわしなく満員電車に乗り都心へ向かい帰ってくる人たちの方が多くなってきて。
 
その忙しさに
つい飲まれそうになってしまうから
時々、海とか、山とか、懐かしさを感じるバリ島とかに行って
私の中の、旅に出たい!その鳥の羽のような
衝動を満たしてあげる必要があって。
 
それが、自分の感性や感動、感謝や思いやりにつながっていく。
遊ぶのも、自分の中の子どもの心を鈍らせないための好奇心の保ち方。
 
今回旅に出た長野の佐久穂は、
そういう「人として大切なこと」を、
絶対に大切にしたい!と思っている人たちが、
自分に正直に商いをやっているお店がたくさんあるんです。
 
今日も素敵なmikkoドーナツ屋さんへ🍩
くる人が思わずゆったりしてしまう、美味しい飲み物とドーナツの店。
 
オーナーの、ただシンプルに、自分の叶えたいことをしごとを通じて実現していくその姿が素敵でした。
そのmikkoドーナツさんで、手に取った本。
 
このシンプルさが、東京にいると意外と難しくなってくる気がします。
私も、ゆっくり、ゆるく、
私の信じる「ひとを大切にしたい」を形にしていきたい、と気付かされました。
私の場合は、たまたまそれが、自分や家族を助ける健康法だったり、ヨガだったりしたけど、
私自身は、アーユルヴェーダやヨガだけを極めるつもりも全然なくって。
 
自分や家族のポーチやドレッサーに置きたい
良い素材や、オイルを使って、
一期一会の出会いに丁寧にマッサージをさせてもらう。
そのための練習はし続けていく。
それだけで、十分だと思ってます。
 
あーまた遊びにいきたい♪
Continue Reading

[Emi’s full moon papers] 2018.12 出会いたいもの

本日、長野の八千穂高原という山の中から

帰ってきました。

軽井沢からほど近い、自然の美しく、温泉や食材豊かな八千穂高原。

2019年の春に、母子を対象とした、

《森のリトリートwith森の幼稚園ちいろばさんin長野八千穂高原》

そして働く女性を対象にした

《森のリトリートin長野八千穂高原》

を開催します。

 

今回からアーユルヴェーダカウンセラー・セラピストの池田早紀さんと一緒にさらに深いトリートメントを目指して、お届けします。

 

『リトリート』とは、隠れ家、隠居などという意味の言葉ですが、キリスト教では心身を見つめ直すという意味もあるそう。

最近では、森のネイチャーウォークや、ヨガなどと絡めて、ナチュラル志向の方や、経営者の方まで幅広く『森のリトリート』が行われています。

今年の9月に初めての、森のリトリートを開催し、働く女性、母子の方にご参加いただき、とてもお喜びいただきした!

 

今回で2回目となるリトリートは、真心でサポートしてくださる方々を迎えて、さらにパワーアップします。

そこで今回は、なぜそもそもリトリートを開催したか、を綴ってみたいと思います。

 

***

ひょんなことから、入会したヨガで、『ヨガキャンプ』という名前のリトリートに参加したのは、大学生の頃。

友人に「自然の中で気持ちよくヨガをやりましょう!って感じのイベントだよ!」と言われて、基本やってきた機会には気軽に乗るタイプの私は、正直内容もよくわからずに参加しました。

疲れが溜まっている訳でも、ストレスもそれほどない若者が、そのリトリートに参加してヨガや瞑想をたくさんして、心の中で泣き言をいいながらも終わった時にあったのは、味わったことのない爽快感でした。

若くたって、いくつになったって、自分の抱える問題で人は心が重くなるものですよね。

 

葛藤や、悩み、言い訳、自分で自分をコントロールできないそんなモヤモヤが、アウトドアのキャンプをしながら、空と、緑と海と。森の中でデトックスご飯を食べて、ヨガをして、呼吸法や瞑想をして。とにかくご飯が美味しくて大盛り食べていたことをよく覚えています(笑)。

リトリート後は、台風一過の晴れの日のように心身ともにスッキリし、日常に戻ると、明るく朗らかで、集中力が増し、自分ではないような優しく軽やかな、「なんだろうこれ、なんかいいな〜!」という感じでした。

.

.

それからリトリートというものが好きになり、年に2回目ほど、約15年もの間リトリートを受ける機会をいただきました。

今でこそ、企業でもリラクゼーションや、瞑想などが、ストレスを軽減し、生産性をアップすると、取り入れられていますが、この当時はまだ日本にリトリートやセルフメンテナンスという考えのない時代。

とても貴重な時間でこれを積み重ねられたのはラッキーだったなと思います。でも、正直、この時は若くてよくわからなかったから、飛び込めたのかもしれません^^

.

 

人って、働きすぎて脳を使いすぎると生産性は落ちるので、子どもの頃は体を動かしたり、私も講義中に居眠りしたりして、無意識に上手にバランスをとっていたな、と思います。

でも、大人になると休憩もとりづらかったり、ランチの時間もなく、ひたすら働いてしまったり・・・そんな現代の日本社会になってしまっていますね。

そういう日本の社会を変えるのは難しいかもしれないけど、自分のメンタル面でのモヤモヤ、不調和に目を向けて、バランスさせることは、自分のことなのでなんとかできる!

しかも、「仕事の生産性を上げ、脳を刺激し、想像力を刺激し、何より心の幸福感を取り戻す。」のだからいいことづくし♪

.

.

人というのは、生まれた時はみんなピュアな、美しい目をした赤ちゃん。

育っていく過程で、親や、環境、風土、周りの人間関係、そして生まれ持った素質などから、人となりが作られて。

そして価値観や考え方を取り込んでいきますね。

.

 

リトリートというのは、それらにメスを入れる、見つめ直す、壊す作業とも言えます。

アーユルヴェーダではパンチャカルマという浄化のトリートメントがその役割でもあって。

(もう少し病気の治療にフォーカスしているが、病気の治療には、自然の中の良いエネルギーの中で、心地よく治療を受ける、心の気持ち良さは必要不可欠とされる。)

毎日気持ちよくオイルまみれになっていたら、気持ちもハッピーになった!なんて、最高ですよね。

.

 

全速力のレースの最中に、自分のことを客観的に把握することは難しいですね。でも、ひとたび休憩地点で立ち止まれば、自分がどのような状況か見ることができます。

そのメスというのを具体的にいうと、体を肉体的にお掃除すること。

体と心は密接に繋がっているのですね・・・

 

不思議と心にアプローチしていなくても、自分が人として、何を大切にしたいのか。その大切なことが、自然に心に湧いてきて、自分のための時間を積み重ねていった分、その後の人生を支える大きな気づきが得られ、確実に毎日の日常を変えてゆきます。

 

たとえ自分が意図していなくても。

体は全部知っています。

 

そのワクワクとした気持ち良さは、最高のアンチエイジングだと私は思ってます!

.

.

心の奥底には、私からわたしへの魂の声や叫びのようなものがあって、

子どもの頃は、それを素直に表現し発散していますね。

泣いたり、笑ったり、ヤキモチ焼いたり、得意になったり。

大好きーと全身で愛情を表現したり。

.

 

でも大人になっていくうちに、世間の目、常識など、狭い地域での考えかもしれない『ふつう』に縛られ、大切なその人自身の声を少しずつ誤魔化したり、無視したりしてしまうことは、私も同じです。

それは多くの人と社会的に接するには必要なことですが、でも大切な、自分自身でいることを、生き生きとした好奇心や素直さを、少しずつ妥協しているうちに、いつも間にか命の喜びや感謝は遠ざかってしまうもの。

 

そういう時に、人はとても老けて見えたり。

そして自分ではないものになりたがったり。

 

自分の子どもには、そうあって欲しくないと思っているかもしれない。

では自分自身は?

.

.

人生は一度。

大切な時を、人を、大切に日々を楽しむために、自然の中でのリトリートはとても効果的です。

2019春のメルタサリのリトリートは、セラピスト2人が心を尽くして、最高のものを!という気持ちでお届けします。

.

.

サロンでのトリートメントを行ううち、

人がいつも引っかかってしまうような、その人のストレスを作り、体の不調につながるさまざまな過去の思い癖、それらを解消するには、自然の中でのトリートメントが必要だとひしひしと感じていて、よい場所を懇願していたら、昨年ステキな場所にご縁をいただきました。

そのたった数日のリトリートで、お客様の長年抱えていた不調はもう顔を出していなくって、ご自身もご家族も、表情や言動が変わったと喜ばれているそうです。

.

.

 

 

そのイライラ、モヤモヤ、緊張の原因は必ず自分の中にあります。

ちいさな規模だからできる、自分を見つめ直し、命の喜びに溢れるようなリトリートをしたい。

それは意外とそばにあるのだから。

 

.

 

バリにも長野にも。

そこには日々の営みを、人を大切にし、

人のことを、自分の事のように思える人たちがいます。

 

その人の内なる美しさに触れたくて。

リトリートをしています。

Continue Reading

[Emi’s full moon papers 2018.11] 今日のサロン風景おはぎとねこ

 

本日は、瑞江店にて、

ホットストーンをお受けいただきました❣️ 瑞江店は美容師の母とのシェアサロンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様をお見送りして、部屋へ戻ったら、

「母がおはぎつくったよー^^♪」

と!!

 

わたし、おはぎだいすき人間なんですー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母曰く、「はじめて作ってみた!」とのこと。

 

***

 

母は、ものごころついたときから、ひとりで私たち子ども2人を育てるため、

毎日仕事しごとの人でした。ほとんど家にいなくて、学校行事も来られなくて。

 

でも、思い返せば、小さな頃は、パンやケーキをよく作ってくれていたっけ。

手作りのパンの焼きたての香りが嬉しかったのを未だに覚えています。

 

母は、今年の3月に、18年目だった路面店から自宅サロンに移転し、

一緒にサロンをシェアしているのですが、

(みんなで壁に漆喰を塗りました!私も職人のようになりながら、閉店期間もなく!!いろんな人に支えられてのバタバタ開店!(笑))

 

家と仕事場が一緒になったことで、

これまで約30年、仕事しかなかった母の生活に、少し時間ができて。

何をするのかな・・・・と思っていたら、

嬉々として新たにいろんな料理を作ったり、裁縫をしたりしています^^

(移転後、母の美容室はほぼ満員御礼。その真面目なお店運営は、本当に頭が下がります。)

 

実は家庭的なことが好きな人なんだな〜と。

大人になってから見える母の一面を知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を出てから、大人になって、親と過ごせる時間というものは意外と短いものかもしれません。

 

文字通り、アットホームなお仕事をしていることで、

結婚しても、母の優しさや守られている空気の安心感とともに、

特大おはぎを食べました。

 

超特大だった(笑)!

 

今日もメルタサリにご来店くださった方、ありがとうございます。

そしてありがとう、母。

 

*

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 

Continue Reading

[Info] 〜Emi’s Full moon papers〜 2018.7 5周年を迎えるにあたって、思うこと。

〜Emi’s Full moon papers〜 店主Emiの小さな作文

というページをはじめました。

 

ずっと苦手としていた、伝えること。

 

『相手に理解して欲しかったら、

あなたはどのくらい自分を伝えていますか。

言葉は想いの乗り物。

「あなたはどんな想いを言葉に乗せて話していますか?」』

(ほぼ日新聞 大人の小論文教室より)

 

これを読んだ時、ドキッとしました。

私はメルタサリにおとづれる人々にどれだけ自分を伝えているだろうか。

今まで、なかなか勇気が出なかった、表現することですが、

絵心も写真もヘタなので、ヘタだけど一番なんとか心を伝えやすい『文章』で、

少しずつ、でも嘘なく書いた『作文』を発信していきます。

毎月いちど、満月のあたりに、満ちてくる想いを綴ります。

 

◯ [2017.7] 5周年を迎えるにあたって、思うこと

Continue Reading