[Emi’s Full moon papers] 2018.8 「触れること」への向き合い方

メルタサリは、「家族の不調を治したい」という気持ちでいた時に、ご縁があってアーユルヴェーダの先生とバリ島の現役セラピストの元で学ぶところから始まりました。店主エミの心にいつもあるのは、バリ島のカラダを体・心・魂ととらえ、「手で心に触れる」「愛を与える」というバリの濃い自然の中のセラピストの施術。私にとって、「触れる。マッサージをする」とはどういうことなのか、を改めて考えてみました。
(日本ではオイルマッサージを「トリートメント」や「セラピー」と呼びますが、ここではシンプルにマッサージと呼びます)


 

なぜ、この仕事をしているか。と聞かれたら、「好きだから」と答える。

そもそもこの仕事を始めるきっかけは、19歳にさかのぼる。高校生のときに流行りのスノーボードをへたっぴなくせに頑張って、お尻がむらさきに腫れるほどいっぱい転んで、腰痛になってしまった。いつもだらだら痛がっていたわたしを、友人がヨガに連れていってくれた。正直、ヨガなんで今みたいにオシャレなものでなく、おじいさんが座禅を組んでるくらいのイメージしかなくって、全く興味がなかったのだけど、はじめてのレッスンが終わったらすっかり気持ちよくなり先生や周りの予想を裏切って「やります!」と、若者らしく素直に感化されていた。

若かったのでどんどん体は変化して腰痛はすぐに治り、どこも悪いところはなくなった。なのに、気持ちがモヤモヤして落ち着かなかった。その自分でもすっかりわからなくなっていたモヤモヤの原因をヨガの先生が見抜いて助けてくれた。子どもの頃から、小さな自分が傷つき、思い込んでしまっていた父や母に対する思い。10代ですでに、自分の中でそれらの思いをなき者にしていたのだから、人の処世術、楽に生きようと逃げてしまう能力ってすごいものだ。

わたしにとってヨガは、自分の背を向けていた気持ちとひとつひとつ向き合うためのものだった。「自分磨き」はキラキラした楽チンなイメージとは全く違う、自分の深いところにある開かずの扉を開けていく連続のような、痛みを伴うものだった。

10代でたくさんため込んだ心の毒を、20代でヨガを通して出した。

いつもやる気がなくて、集中力がなく、心の中とやっていることがバラバラな少女は、自分の気持ちをまっすぐに見てやりたいことに向けてまっすぐがんばる楽しさを味わった。一筋縄ではいかないし、近道もないのだけど、それは味わったことのない、幸せな気持ちだった。気がつけば、体も心も安定したゲンキな状態になっていた。

30代になって気がついたのは、周りに『なんとなく調子が悪い』人がいることだった。疲れやストレスなどをため込んで体を壊してヨガに入ってくる同世代の子たち。自分が20代の時にヨガをしていなければそうなったであろうことは明らかだった。「ヨガをやれば元気になるし、病気も治るのに」という気持ちと、でも自分で健康を作っていくのは楽ではないことも感じていた。

そんな時に、母が爆発した。会うたびにいつもわたしにものすごい剣幕で不満をぶつけてくるようになった。腰痛、肩痛、腱鞘炎。私たちを1人で育てるために、体に鞭打って数十年働いてきた母が、違う人になってしまったようだった。あまりにその爆発が収まらないので、ヨガを教えようとしたら、「そんなことできない!」と言われてしまった。

「ヨガなんてできない。というほど体も気持ちも余裕がないこともあるんだ・・・」と愕然とした。

その頃、夫も腰痛で苦しんで、鍼灸院に通っていたこともあって、「よし!私が家族のトレーナーになる!」と決意した。

ちょうど友人の紹介で、ご縁をいただいたアーユルヴェーダ先生に手ほどきを受けた。優しく、安定感のある、利益優先でなく人のことを考えるおおらかな先生。その愛のこもった手ほどきを受けた時に、はじめて体験する至福に包まれた。「これだ!」とすぐに思った。

その後、バリ島へ行きアーユルヴェーダの治療法を受けた。その時にマッサージを受けて涙が止まらないという不思議な体験をした。この、『心の奥から震えるように、愛に包まれる。』こんなマッサージがあるんだと感動した。この衝撃的な体験が私の中で、「触れることで人を深く癒すことができる」という、マッサージというものの捉え方を大きく変えた。

その後日本に帰ると、アーユルヴェーダ先生が背中を押してくれて、私はいきなり自分のサロンを開店した!
お金の準備もなく、小さく、でもどんどん始まった。「セラピストになる」「人の役に立つ」という、わたしが決意したというより、頭の中に聞こえた声。それだけを頼りに。

今思うと0から始めたのだから、捨て身で素直に行けばいいのに、ちゃんとやらなきゃという思いに駆られて、いつも焦り迷っていた。アーユルヴェーダはオイルが普通のオイルマッサージの10倍くらい。オイルが買えないこともあった。結局迷惑をかけてしまうのはお客様。その苦い思いから今度は「お金が必要なんだ!」という気持ちに駆られた。

お金や成功したい欲が心を雨雲のように覆っていたそのときだけは、大好きだったマッサージが、全然楽しくなかった。

好きな仕事をしているのに、楽しくない。
これはなかなかの危機だった。
お客様にも申しわけない。

逃げ腰になったり、自分の思いをまっすぐ受け止められないとき。

そんな葛藤の中でもなんとか進んでこられたのは、ヨガを通して自分の思いや物事を客観視する習慣を身につけていたからだと思う。心の中の嵐にもみくちゃになりながらも、なんとか時々それを少し離れてみることができた。人は心の中でなにか引っかかっている原因や、その想いがどこからきているのかに向き合えたとき、その思いから少しずつ自由になれる。欲は、そんなこと思っていないとごまかしたいものだけれど、目を閉じて水に飛び込むように、えいやっと一度向き合って、その根っこをたどっていくと雲が晴れるようにどこかへいってしまうものだと知った。

 

そして、あるとき、悶々としていた時にふと気がついた。

 

「好きな仕事をする」ということは、ヨガなのだと。

 

未熟な自分とどこか深いところの自分をつないでいく作業なのだ。
素敵なオトナはこうして自分の思いから逃げ出さずにコツコツ日々を積み重ねているのか。
ヨガの先生が「人は好きな仕事をして自分を磨いていく」という言葉がやっとほんの少し理解できた瞬間だった。

そして今、やっと肩の力が抜けて、やりたい方向も、何がしたいかもとてもはっきりと見えてきた。やっと仕事のペースの塩梅も少しつかめて、結果的に、お店としても良い方向へ進んでいる。

でもなにかこのワクワク前向きな感じ、大学生の時の夢中で勉強した時の感覚と全く同じだと気づく。世界の人に触れたくて、ワクワクしながら日本語教師の資格を取った濃く一生懸命だった2年間。あの時いちどあきらめたと思っていた「人に触れる」という夢。気がつけば、また探している。

やりたいことって、同じなんだなぁ。となんだか謎が解けたような気持ちだ。

そんなわけで、寝ても醒めても「触れる」ということを日々研究中です。ひとの体の神秘の広大さに想いを馳せて、解剖学の本を抱えて、夫の体を借りて。

今では母や夫もすっかり元気になり、定期的にマッサージを受けて元気で穏やかに笑って日々を過ごしています。

開店から4年。技術はまだまだだなぁと思うことが多いですが、でも、「人に触れる」という奥の深い世界。自分の心の扉をどれだけ開けて、そのぶんどれだけ人の気持ちに添えるようになるかなのかなぁ、と思います。人のカラダは宇宙のように深く広いもの。そこへ向き合うのが終わりなき旅なら、旅を楽しみながら、気づけばマッサージばあちゃんになれてたらいいなと思います。

 

長文をお読みくださりありがとうございました。

 

Emiへの感想などなんでも、
こちらにいただけると励みになります。

LINE@: こちらから。
友だち追加