[Natural Beauty Care] 2018.11.22 そろそろバスタブどき。『アーユルヴェーダ風呂』

いよいよ冬!という寒さが到来。

猛烈な暑さの夏の習慣のままシャワーで済ませていた方も、暖かなお風呂が恋しくなる時期ですね。

日本にはバスタブがある!

これが身近で一番親しんできた、健康習慣かもしれません。

 

私も

入浴剤や、お酒、塩を入れたり、

炭酸タブレットを入れたりしてできるだけ毎日お風呂に浸かるようにしています。

 

そして、今日は私の簡単ビューティケア『アーユルヴェーダ風呂』をご紹介します。


 

『アーユルヴェーダ風呂』

1、お風呂にお湯をはり、蓋を開けて、お部屋を温め、セサミオイルを湯煎しておく(お白湯や水も500mlほど準備!)

2、お風呂場に入ったら、お湯をかける前に、オイルを全身に塗る

3、お風呂へドボン

4、お風呂の中でマッサージ。お水を飲みながら発汗する。

5、軽く洗って、お風呂も重そうなどで洗って、寝る。

 

 

セサミオイルは白い太白胡麻油を買って、

一度全て100度弱に加熱して、瓶に戻して、保存します。

 

お風呂用には小さな容器に詰め替えておき、

めんどくさいハードルを下げます^^

 

びっくりするほど、肌にハリが出て、

顔色が良くなり、透明感が出ます!!

寒い日でもこれを朝やるとポカポカです!

 

よかったらやってみてください^^