メルタサリの想いとセラピスト紹介

 

はじめまして。Mertasari(メルタサリ)の小原恵美と申します。

このページを見てくださりありがとうございます。

 

 

 

〜メルタサリのコンセプト〜

〜Natural Beauty & Health & Relaxation〜

 

どうしたら、カラダがよろこぶか。

 

アーユルヴェーダの古来よりの生命観を軸に、現代の解剖学的視点もあわせて、

顔の見える生産者の方に大切に作られた自然な良質な素材、製品を用いて、

健やかに、気持ちよく、カラダとココロを整える時間をご紹介しています。

 

 

 

 

 

 

 

.

 

 

 

 

 

 

インド人アーユルヴェーダ医師アヌパマ先生の元でパンチャカルマの研修の様子。

 

〜セラピストを続ける理由〜

子どもの頃から、美容師として忙しく仕事・家事・育児を一人でこなす母を見てきました。

体の限界を超えて我慢し続けて働いていた母は、出産のたびに病気が見つかり、私が学生の時にガンになりました。

その後回復したものの、更年期障害、腱鞘炎、坐骨神経痛などで心身の限界になってしまった母をみて、ヨガと会社勤めを辞めてこの仕事をはじめました。

 

その後、父のように慕っていた伯父が腎不全、白血病からの突然の他界。

いや、突然ではないのです。腎不全のときに、食事や生活の改善、ヨガなどで回復できる可能性があることを知っていました。

 

でも、「私のいうことなど聞かないか。」と遠慮していました。

 

終末期に、私に「マッサージをしてくれ」という伯父を何度もさすっていたとき、本当に後悔しました。

こんな体になる前に、どうしてもっと早く、できることを伝えなかったのだろう。

 

体というのは毎日確実に変化し、命が終わるとき、もう少し、というロスタイムはない。

 

セラピストとして無力感に苛まれていた自分の背中を押したのは、今周りにいる家族、親戚でした。

それから意を決して、仕事とプライベートに線を引かず、心身の健康への方法を伝えるようになります。

 

そして今、母は、マッサージやヨガなどで元気になり

還暦を過ぎても美容師として毎日働き、

多くの長年のお客様に愛されています。

 

瑞江店では、母と一緒にお客様に美容と健康をご提供しています。

 

.

 

体にはその人のこの世に宿ってから今日までの『まいにち』が表れています。

その方にとって不本意な自分の行動や食事、思考など、が慢性的な不調につながる前に、

アーユルヴェーダではできること、生活法やケアがたくさんあります。

 

人は自分の命を大切にしながら、自分のメンテナンスをすることで病気を防ぎ、

本来のいのちを生かし、健やかに、気持ちよく、さいごまで自分らしく美しくあれる。そう信じて。

 

美容室に来るように、気軽にいらしてください。

 

 

Merta Sari=Bless+Beauty

本来の調和した心身へかえる。幸せな本来の美しさへ。

 


Owner & Therapist

小原恵美
Emi KOHARA

CIBTAC国際スパライセンス取得(ボディ・解剖学)
バリ島ナマステスパ(ギャンニャール州)認定スパセラピスト
アーユルヴェーダサロンMAYAアーユルヴェーダセラピストコース(他多数)修了
レイキ2nd修了
ヒーリングセンターShantiPath ヨガ指導者養成法修了/スワン瞑想/クリヤヨガ、呼吸法など講座多数参加
2017年よりDr. Anupamaの元でアーユルヴェーダの知識・施術を学ぶ
Dr.Anupamaの父に師事している (Yoga/Pranayama)
現在は、より深いマッサージセラピーと、Movement(Yogaや体を動かすこと)とBodywork(マッサージのこと)との繋がりを学んでいる。

 

どのように学んできたか 詳しくはこちらから
セラピストとしての小道

 

美容師の道を目指すも薬剤による強い皮膚トラブルを経験し断念。
その後旅行会社にて過労による心身の不調を抱えるが、薬を使わずにヨガで心身の健康を得る。
学生から通ったヨガ教室にて代行レッスン・初心者クラスを担当(約1000時間以上)。ヨガ教室にて伝統医学アーユルヴェーダに出合う。15年のヨガの経験と、アーユルヴェーダとバリ島で学んだ現地の伝統的美容・健康法を生かし2014年、体と心を整えるサロンとしてメルタサリをオープン。

自身の経験、家族の不調と死の経験から、予防医学や日々の体のメンテナンスが病気を防ぐという信念を持つ。体・心・魂と捉えるヨガやアーユルヴェーダの世界観を軸とし、西洋医学である解剖生理学などの考えもあわせ、人の治癒力を引き出し自分らしく健やかに生きるための心身のケアを伝える。

江戸川区のサロン・東神奈川ヤマダレディースクリニック・長野にて精力的に活動中。

好きなもの:マッサージ、旅、食べること、温泉、読書、海、山、バリ島ウブド、ハワイ、タイ、スノーボード、水泳、大切な人たちとお酒を飲み美味しいものを食べ笑うこと。

ヴァータピッタタイプ・射手座・B型・夫と二人暮らし・江戸川区に親戚多数在住の大家族・鹿児島と埼玉のハーフ。

脳的には、後頭葉優勢、感覚から掴んでいく、まずはやってみる行動から入るタイプ。

 


お客様を支えるチーム

講座の開催、読みもののご提供。そしてよりよいものをお届けできますようこのチームでアーユルヴェーダの研修を行っています

 

◼Doctor 講師: アヌパマ・ダラシべ・アワケ  Dr. Anupama Dharashive Awake(インド国家資格B.A.M.S アーユルヴェーダ医師・ヨガインストラクター)

Facebookはこちら

インドマハーシュトラ州プネ県出身。日本在住。一児の母であり、アーユルヴェーダ的なライフスタイルを体現する。ヨガ(プラナヤーマ)の伝承家系で祖父、父よりヨガを学ぶ。

幼少期より、医師である父親のクリニックにて、診察を見て育ち、医学の基礎を学ぶ。彼の機械やデータに頼らずに対面での診察を大切にするスタイルは定評があり、その父からの学びはのちの臨床現場での礎となる。同県の「ヴィシュワムルトアーユルベーダホスピタル」にてアーユルヴェーダ専門医として3年勤務。アーユルベーダの診断、薬草学、パンチャカルマ、脈診診断などの臨床経験を積む。

その後日本に住んで6年半。アーユルヴェーダを「理論」だけでなく、「日々の生活に役立つ方法」として、上記専門だけでなく、女性医師ならではの、アーユルヴェーダにおける婦人科、妊婦ケア、育児法、ビューティーケア、セラピーなど、食事・ライフスタイルのアドバイスまでの様々な講座を、インド・日本全国にて多数開催。

“Sarve Santu Niramaya”(all be healthy)「全ての人を、健康で幸せに」という言葉を座右の銘とし、その優しくおおらかな人柄で、多くの女性やその家族をサポートしている。

Interpreter 通訳:池田早紀 Saki IKEDA(アーユルヴェーダカウンセラー・セラピスト)

HPはこちら
◆インド国立グジャラート・アーユルヴェーダ大学提携 日本アーユルヴェーダスクール 「アーユルヴェーダライフスタイルカウンセラー」 「アーユルヴェーダ ヒーリング コンサルタント」 ◆米国補完医療大学「Ayurvedic Medicine Practitioner」

2009年より西荻窪の代替医療施設にてアーユルヴェーダカウンセラー&セラピストとして5000以上の症例、クライアントに関わる。

 

 


 

セラピストEmi ブログはこちら

お役立ちセルフケア情報や、お知らせ、おトクな情報を掲載しています。