セラピスト紹介

About Emi

小原恵美
Emi KOHARA

マッサージセラピスト・ヨガセラピスト

◻️CIBTAC国際スパライセンス取得(ボディ・解剖学)
◻️スウェディッシュ・ディープティッシューセラピー協会 スウェディッシュマッサージセラピーコース修了
◻️Yoga with Daphne. Enbodiment anatomy and foundation of Bodywork 修了 (タイチェンマイ・20h Yoga alliance)
◻️Dhanwantari Ayurveda School Dr. Anupamaの元で定期的にアーユルヴェーダ研修
◻️バリ島ナマステスパ(ギャンニャール州)認定スパセラピスト
◻️アーユルヴェーダサロンMAYAアーユルヴェーダセラピストコース(他多数)修了
◻️レイキ2nd修了
◻️ヒーリングセンターShantiPath ヨガ指導者養成法修了/BSY(ビハールスクールオブヨガ)スワミ招致WSスワン瞑想/クリヤヨガ受講、呼吸法WSなど講座多数修了、レッスン1000時間以上担当。

英語と日本語教員資格を学んでいた大学生の時、腰痛をきっかけにヨガに出会い、身体性と心理の変化、体と感情や思考、神経システムとの繋がりなど、体・心・魂の繋がりを参究する。その後、美容師の道を目指すも薬剤による強い皮膚トラブルを経験しなるべく薬を使わずに心身の健康を目指すことを決意。旅行会社にて過労による心身の不調を抱えるが、薬を使わずにヨガで心身の健康を得る。

ヒーリングセンターShantiPathにてヨガの代行レッスン・初心者クラスを担当(約1000時間以上)。

家族の不調をきっかけに、ヨガができないほど心身が疲れた人の、体のバランスを取り戻すため、伝統医学アーユルヴェーダのセラピストとなる。

セラピストとしての学びは、東洋から西洋の療法に渡り、東洋の医学アーユルヴェーダやヨガ、西洋の解剖生理学、発生学、身体心理学など、日本、インドネシアバリ島のスパセラピスト・アーユルヴェーダセラピスト、インドのアーユルヴェーダ医師、シンガポールのヨガ・ボディワークプラクティショナー、米国のマッサージセラピストなどに師事。

バリ島『土地や人への愛をもっての施術』
アーユルヴェーダ『人の命は自然の一部であるというおおらかな生命観』
米国セラピューティックマッサージ『自分を浄化しながら的確に筋膜や筋肉へアプローチするマッサージ』
ヨガ・ボディワークプラクティショナー『人の本来持つ体の力を信じ、子どものような自由な体で触れるThe Art of touch』『マッサージはセラピストとクライアントが細胞から共鳴するセッション』
という考えなどに特に感銘を受ける。

オイルマッサージの基本であるスウェディッシュマッサージと、筋肉に解剖学的にアプローチするディープティッシュー、ヨガを基にしたアライメントやアナトミートレイン(筋肉の繋がり)に沿ったストレッチとゆるめるロッキング、祈りとともに土地や人のエネルギーを大事にするバリニーズマッサージ、アーユルヴェーダの体質論とそれにあった施術また薬草、オーストラリアACO認定オーガニックアロマ、ホットストーン・パワーストーンセラピー、シンギングボールや音叉などを合わせて、《sensing session / 感覚を高め身体性を取り戻す施術》を行う。

自身の経験、家族の不調と死の経験から、予防医学や日々の体のメンテナンスが病気を防ぎ、体の緊張を手放すことで心を解放することを実感する。人に本来備わっている力を引き出し自分らしく健やかに生きるためのケアを伝える。

30代から70代までの男女をクライアントとし、
自宅サロンのほか、東神奈川ヤマダレディースクリニック、長野でのリトリート、病室やお宅訪問にて、【体と心を整えるセラピー】や【やさしいヨガ(ヨガ・体に意識を持ったムーブメント)】を伝えている。

これまでのクライアントの持っていた症状
・肩こり、腰痛
・自律神経失調症
・むくみ
・PMS、生理痛、更年期、不妊症
・下痢、便秘
・頭痛
・手の痺れ、足の痺れ、坐骨神経痛
・ストレス
・不眠症
・パニック障害
・糖尿病(軽度)
・ひざ痛
・関節炎(軽度)
・顔のたるみ
など


 

これまでの活動

□2000年 腰痛をきっかけにyogaに出会う ヨガ歴20年
□2001年 美容室にて働く パーマ等の薬剤により腕が太く腫れる皮膚トラブルを体験
□2002年 日本語教員養成プログラムを修了し、日本語教師を目指しバックパックで東南アジアを旅する
□2006年 ヨガ指導者養成講座修了 代行レッスン・初心者クラス担当1000時間以上
□2013年 家族の不調をきっかけにトリートメントを施すことに開眼。15年お世話になったヨガ教室を辞め、渡バリしアーユルヴェーダパンチャカルマ研修。
□2013年 自宅にてメルタサリをオープン
□2014年〜2019年 バリ島ナマステスパにてマッサージ研修。アーユルヴェーダセラピスト、5つ星ホテルセラピストに師事
□2015年 ハワイにてロミロミ・スウェディッシュマッサージ研修
□2016年 セルフケアクラス開催
□2017年 Dhanwantari Ayurveda School アヌパマ医師のアーユルヴェーダ講座を開催
□2017年 アヌパマ医師のアーユルヴェーダクッキングクラスを開催、通訳を務める
□2017年 長野八千穂高原 森のリトリート開催。ヨガ、アーユルヴェーダプラクティショナーを担当
□2018年 CIBTAC国際スパライセンス取得
□2018年 ヤマダレディースクリニックにてセラピストとしてアーユルヴェーダトリートメントを担当
□2019年 スウェディッシュ・ディープティッシューセラピー協会 スウェディッシュマッサージセラピーコース修了
□2019年 Yoga with Daphne. Enbodiment anatomy and foundation of Bodywork 修了
□2019年 Dhanwantari Ayurveda School アーユルヴェーダ講座の開催
□2019年 Dhanwantari Ayurveda School アヌパマ医師のアーユルヴェーダ医師のカウンセリング通訳を務める


 

ごあいさつ

 

「気持ちよかった」

その柔らかな笑顔が見たくて、このお店をやっています。

 

いつでもどこでも、人をほぐせるようになりたいというのが、生涯の目標です。

ベッドがなくても、オイルがなくても、芝生でも、ビーチでも、おうちでも。

 

ヨガを始めてから様々な年齢の人が自然治癒力により心身の健康を取り戻すのを見てきました。

マッサージを始めたきっかけは、ヨガをする余裕がないほど疲れてしまった母を元気にしたいという思いから。

 

マッサージをさせていただくと、神聖な幸せな気持ちになる。

初めてのマッサージで「至福」というものに感動して、それ以来、夢中で人の体と向き合っています。

 

技術も人としても尊敬する、様々な国の先生たちから受け継がれた

体と心を変えるトリートメント。

 

『自分の本質に出会う場所』という意味の込められたMertasari(メルタサリ)。

丁寧に壁を塗り、自然素材で作った吹き抜けの自宅の一室で、隠れ家サロンとして、

様々な年齢の女性にひとときの休息の時間をお届けしています。

 

ふと立ち止まりたいとき

自分の想いがわからなくなってしまったとき

なにか新しいことを始めたいとき

元気が欲しいとき

あなたのタイミングでお越しください。

 

東京の喧騒から離れた、川と海に囲まれた静かな一軒家で

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 

Mertasari 小原恵美

 

 


一之江店のスパは、1日2名様限定でお一人にゆっくりとお時間をお取りしています。手作りのスープとオーガニックハーブティをお出し致します。

男性は瑞江店での受付となります。

他にも、瑞江店(美容室)、東神奈川ヤマダレディースクリニックサロン、麻布十番ENSPA、病室やオフィス、長野八千穂高原(春・秋のみ)にて出張トリートメントを行なっています。お気軽にご相談ください。

 

セラピストEmi ブログはこちら

お役立ちセルフケア情報や、お知らせ、おトクな情報を掲載しています。