TOP

Merta Sari=Bless+Beauty

心に陽がのぼるように、心身の調和した本来の美しさへ。

 

最新のニュースレターはこちら

大切な人のために自然療法を学ぶ 〜アヌパマ医師のアーユルヴェーダセラピー中級コース・秋冬〜 受講のご案内


自分のカラダと出会う旅

体の感覚を取り戻す [身体性/Embobiment happenings]

一日の中で、どのくらい自分に、自分のカラダに、意識を向けたい、向けようとしている、向けられていますか?

「気にかける」「気配」「元気」などの言葉に表れるように、人や場所などの発する空気に気がつく豊かな感受性をもち、人の心を察したり、人のためにもてなすということが上手な私たち日本人。

知らず知らずのうちに、便利な生活により体を使うことが減って、食生活や考え方が欧米化した私たち現代人は、周りを感じる感性を、体の感覚を、体と心の繋がりを失いつつあるのかもしれません。

.

体の生理機能をつかさどる自律神経。

交感神経がONの時は、動物でいう戦闘状態です。呼吸は浅くなり、戦うか逃げるか、固まるか。という選択を強いられます。脈拍は上がり、心は不安になり、体は緊張します。

副交感神経ONの時は、動物でいうリラックス状態です。呼吸は深くなり、他者とのコミュニケーションが取りやすくなり、脈拍は安定し、心は落ち着きます。この時に、体の感覚は豊かになり、体や周りの環境に「気がつく」状態になります。

シーソーのように働くと考えられてきていた自律神経ですが、いまそれが大きく乱れ複雑になってきています。

混み合った電車に乗り、常に時間に追われ、評価などにさらされる現代人は、交感神経が常にONの戦闘状態になりやすいのです。この交感神経ON動くときには必要ですが、ずっと続けていると体の生理機能にアンバランスをきたし、戦うことも逃げることもできない時は、思考を停止し心身が「固まる」という状態になってゆきます。

そんな、固くなった体の緊張を解放し、もう一度体の感覚を取り戻す。[エンボディメント体験/Embobiment experience]がメルタサリのセラピーです。

.

東洋の考えや、ヨガやアーユルヴェーダの世界観をよりわかりやすく、身体性(embodiment)と心理学、解剖学視点を合わせて、
体の緊張を手放し、神経システムをバランスさせ、体の感覚を取り戻す身体心理学(the polyvagal theory)の考えをベースにしたセラピーを行います。

 

○忙しく体のことを気にかける余裕がない
○一人になり落ち着いて自分のことを見つめる時間が欲しい
○体型が変わってきた。背中の丸み、肩甲骨が見えない、腹部の脂肪など
○休みも気持ちが休まらず、疲れが取れない
○リラックス以上の体が良くなっていくマッサージが受けたい
○すぐに緊張してしまう、冷や汗をかく
○自律神経のアンバランス、神経を休めたい
○スポーツ後のマッサージ
○肩こりや腰痛、腕や足がだるい
○ボディラインを整えたい
○反り腰や出っ尻。まっすぐに立てるようにしたい
○フェイスラインが垂れてきた
○筋肉のハリが落ちてきた
○気持ちにやる気が出ない
○毎日忙しいがどこに向かっているのかわからない
○慢性的な不調があるが、病院にいっても特に問題ないと言われる
○新しいことにチャレンジすることがこわい
○変化していく自分を受け入れられない
○毎日に行き詰まりを感じる

などという人へ。

.

セラピーの内容は、東西世界各地のセラピーを融合させ、ストレッチとオイルマッサージ、自然のチカラ溢れる植物やオーガニックアロマセラピストとクライアントがひととき出会う《sensing session / 感覚を開き体で感じるセッション》

体の緊張を手放すことで心を解放し、人に本来備わっている力を引き出すボディーワーク(マッサージのこと)、ムーブメント(やさしいヨガ)などを、トリートメント、クラス、リトリート、クリニックなどでお届けしています。

.

自分にいま一度意識を向け、体の緊張を解き放ち、体を感じる感覚を開いてゆく時間。

体の本来もつチカラを信じたとき、自分の内から溢れる幸せ感[Happiness]で自分が満ちてゆく、そんなカラダのふしぎを一緒に探索しましょう。

子どものようなしなやかなカラダを取り戻す、そんなココロとカラダのための時間をお手伝いします。今までにない深い安らぎを味わってください。

 

*無理な勧誘などは一切ありません。