Unsplashのkazuendが撮影した写真
Unsplashkazuendが撮影した写真

今日は銀座に行ってきました。クリスマス直前の今日は、煌びやかなイルミネーションと多くの人人人!でした。やっとこの賑やかさが戻ってきたんだな、と嬉しくなりました。

年末はクリスマスパーティや忘年会、新年は新年会など、お酒を飲む機会が増えますよね。

 

お酒は飲める人にとっては、気分のリフレッシュ・リラックス効果、血行促進、コミュニケーションを潤滑にしたり、盛り上げるものですよね。私も大好きです。

ただ、体への栄養という観点では、アルコールは体内でアセトアルデヒドに分解され、それは頭痛や吐き気を引き起こす原因となり、交感神経を刺激し、炎症を誘発します。これは、体の毒でしかありません。

 

「でも飲みたい!」という方や、「家族が飲むからどうしたらいいの?」という方のために、今日は、お酒を飲んだ後、アルコールをどのように解毒していくか、というお話をします。

 

まず、お酒というのは、遺伝的に飲める方、完全に飲めない方とがいます。少しでも飲むと体調が悪くなる方や、両親や家族のうちに全く飲めない人がいてお酒が苦手な方はアルコールを分解できない体質の可能性が高いです。頑張っても飲めるようにはなりません。無理に飲むのはやめておきましょう。

(これは遺伝子検査で簡単にチェックできます。↓

https://www.genelife.jp/products/genesis2plus

 

完全に飲めない人でなければ、続けて飲んでいるとある程度はお酒が飲めるようになってきます。ただ、アルコールを肝臓で分解できるとはいえ、アルコールを分解・解毒するために体内の栄養素を消費してしまうので、栄養補給が必要なのです。

 

お酒は胃と腸で吸収されます。肝臓でアルコールがアセトアルデヒドに分解されます。その過程で、以下が欠乏しやすくなります。

 

▽ビタミン

・ビタミンB1

・ビタミンB3

・ビタミンB6

・葉酸

・ビタミンA

 

▽ミネラル

・マグネシウム

・亜鉛

・カリウム

・ナトリウム

・カルシウム

・セレン

・クロム

 

また、肝臓は糖質の貯蔵庫であるため、アルコールの分解に忙しくなると、低血糖を引き起こします。また、アルコールは腸内を炎症させたり、美容の大敵である体を酸化させます。アルコールの利尿作用で体も肌も乾燥しますので、お酒と同じくらい水分補給が必要です。

[お酒を飲むときにおすすめな食べ物]

枝豆、豆腐、納豆、キムチ、チーズ、だし巻き、卵、レバー(串1〜2本)、サラダ(色々なお野菜。冷え性や胃腸が弱い人は温野菜もおすすめ)、後半にシメのご飯。

 

健康と美容を大切にされる場合は、お酒はなるべく常飲は避けて、とっておきのお楽しみとして休肝日をとりつついただくのが良いでしょう。

私も休日には家族とお酒を飲みながらゆるりと語り合う時間が大切な時間です。ちなみに昨日、今日はワインを飲んだので、上記の食べ物や、サプリメントを飲んで寝たところ、スッキリ起きることができました!

みなさんも、お酒を飲んだ夜、翌日は、栄養・水分を補給して、元気にお試しくださいね。

***

▷新年福袋キャンペーンのお知らせ

今年も!!

新年の元旦は、昨年大好評だった、福袋キャンペーンを行います!

選りすぐりの製品とトリートメントの福袋!

体の巡りをよくして、新年のよきスタートになりますように。

詳細は追ってご連絡いたします。お楽しみに。

***

▷増設!ラストチャンス!1月も受けられます。

大好評!お得たくさんのクリスマス限定メニュー

忙しく駆け抜けたみなさまへ。メルタサリは12/26まで営業しています。

疲れたあなたをほっこりあたたかくほぐすホットストーンのメニュー。

12月の季節限定メニュー、受付中です。

 

2023年冬季限定クリスマスご褒美メニュー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事